「デトックス効果のある成分と食品」ケルセチン

ケルセチンは、ポリフェノールの一種であるフラボノイド系フラボノールに分類される成分で、強力な抗酸化作用を持っています。
この作用によって高脂血症や動脈硬化、高血圧など生活習慣病を引き起こす要因となるものを取り除いてくれます。
他にも、善玉コレステロールの酸化を防いだり、脂肪吸収を抑制する効果もあるので、ダイエットにも高い効果があると言われています。
あらゆる健康効果を持つケルセチンですが、デトックス効果という点から言うと、やっぱり抗酸化作用が重要になりますね。
抗酸化作用が高い成分といえばビタミンEですが、その数倍もの効果があるので、活性酸素の除去作用や生成の抑制に優れた効果を発揮してくれます。

そして、もう一つ、ケルセチンはカドニウムや水銀などの有害金属が脂肪と結合するのを防ぐという働きを持っています。
これらの有害金属が脂肪と結合してしまうと、体外に排出することができなくなり、どんどん蓄積してしまいます。
ケルセチンは結合を防ぐので、有害物質を排出しやすい状態に保ってくれるので、間接的ですがこのようなデトックス効果も持っているのです。

ケルセチンは、主に玉ねぎやりんご、そばなどに含まれているので、普段の食生活で意識して摂取するといいでしょう。
ただし、玉ねぎが一番豊富に含まれているのですが、ほとんどが皮の部分になるので、食べることで十分なケルセチンを摂るのは難しいのが実情です。
ですので、ケルセチンでデトックスをする場合は、含有量が豊富なサプリメントから摂取してください。