「デトックス効果のある成分と食品」レスベラトロール

レスベラトロールは、1939年に高岡博士によって発見されたポリフェノールの一種で、優れた抗酸化作用を持っているとともにサーチュイン遺伝子の働きを活性化する効果が期待出来ます。
サーチュイン遺伝子というのは、抗老化遺伝子や長寿遺伝子とも呼ばれるもので、人間の寿命をコントロールするほど大きな影響力を持った遺伝子です。
普通の生活では活性化するのが難しいのですが、レスベラトロールにはサーチュイン遺伝子を活性化するという研究結果があり、注目が高まっています。

そんなレスベラトロールが持つ抗酸化作用は、優れたデトックス効果も発揮してくれます。
抗酸化作用というのは、細胞を劣化させて体内機能を衰えさせる活性酸素を取り除く効果を持っているので、排出機能を活発にしてデトックス効果を高めてくれます。
またサーチュイン遺伝子が活性化されると、細胞の衰えを防ぐことが出来るので、これも体内機能の衰えを防止してくれます。
デトックス機能の低下の原因となる細胞の劣化を、抗酸化作用とサーチュイン遺伝子の活性化で防いでくれるレスベラトロールはデトックス効果にも優れていると言えるのですね。

レスベラトロールは主にぶどうの果皮や種、落花生の薄皮などに含まれていますが、十分な量を摂るには例え赤ワインでも数本飲まなくてはいけないので、食品から摂るのは現実的に無理と言えます。
ですが、今はレスベラトロールのサプリメントがあり、これなら数粒でデトックス効果が得られる量を摂取することができます。
身体の衰えでデトックス機能が働いていない方、運動をしても汗が出ないという方はレスベラトロールサプリメントを摂るのがおすすめです。